今月お金が足りないかも…。どうにかできないかしら(>_<)

> 賃料・住宅ローンが家計を圧迫

賃料・住宅ローンが家計を圧迫

家賃・住宅ローンが家計を圧迫?

よく家賃は月収の3分の1といいますが、これは止めた方がいいと考えます。
どうしてかというと、不動産屋さんの口車にのってる感じがするからです。

不動産屋さんは物件の持ち主等からの仲介手数料が入るので、
家賃が高い方が 売り上げが上がるんです。

よく考えてみてください。
不動産屋に物件を探しに行くときにある程度、家賃の上限など考えていくと思います。
いざ不動産屋さんにいくと名前や連絡先を書いたり、
家賃はどれくらいを考えているかなど 聞かれるので家賃を言いますよね!
この家賃以内の物件だけ紹介されてことありますか???

おそらくほとんどないと思います。 家賃の安い物件はたくさんあるんです。
ですが、上限に設定した家賃よりも少し高い物件と設定家賃内の物件を1つくらい
進めてくると思います。
どうなるかと言うと、高い物件と設定家賃内の物件を内見することになり、比較します。

おそらく高い物件を気に入る可能性が高いんです。
中には安くていい物件に出会うこともありますが、
大抵の場合、 高い物件には理由があります。
部屋が広い、築浅、駅から近いなど!そうなると高い方の物件を契約してしまいます。

家を探すときの話しになってしまったのですが、
戻すと、基本的に家賃は収入の25%に設定しておいた方が良いです。

毎月同じ家賃を支払うわけなので、後から節約が出来ない部分なので、
あらかじめ収入に見合った物件にしておく 必要があります。

経験上、エアコンは新しいものがついている所を選ぶ事をおすすめします。
古いエアコンは電気代がものすごく高くつきます。
3000円のところが9000円くらい かかったりもします。

住宅ローンについて

マンションや戸建てを購入しようか検討している方、
高い買い物なので勢いも大事なのですが
後で自分の首を絞める可能性があるので、
あらかじめしっかりどれくらい費用がかかるかは 知っておきましょう。

よくポストに 「月々○○,○○○で夢のマイホームが・・・・・・
なんていうチラシが入っていますが、
これに対して「安い!これだったら自分でも買えるかも!!」 と
思って夢を抱いたりします。これには注意が必要です。
結局マンション売却したほうが得じゃんっていうのも少し違うと思うので。。。

確かに住宅ローンを組んで支払う金額はその金額かもしれませんが、
それだけではないのです。

マンションの場合ですと、修繕積立金管理費固定資産税が別にかかってきます。
修繕積立金についてはマンションを買うときに説明がありますが、
低く設定されている事が多いです。
多めに見積もっておいた方が無難です。
新築マンションの場合は最初は新築なので修繕積立金は少なくてすみますが
年月がたつに連れて高くなっていきます。
大体ですが、平均して15000円は考えておいたほうがいいです。
管理費も15000円くらいで合わせて30000円です。
固定資産税については建物がどこに建っているのかで価格が
変わってくるのでなんとも言えないのですが、
最低でも月10000円くらいは考えたいところ!
(住所によって違うので詳しく知りたい人は市役所などで調べてください。)

合わせると15000円+15000円+10000円で40000円くらいかかります。
例えば月々のローンの支払いが95000円だとしたら 135000円かかることになります。
もっと必要になってくるので覚悟が必要です。

なので、簡単に安いと思って購入するのは危険です。
マンションの相談会に行くと、悪いところはあまり言わないので
マイホームを購入した後で住宅ローンなどが家計を圧迫する
というような自体にならないように自分できちんと調べることをおススメします。